日常生活の費用と教育費の考え方

日常生活では、子供の頃の教育が非常に重要ですが、周りのかかわりのある大人からしか現実的な影響が受けられません。

日常生活での健全な経済感覚

日常生活の費用と教育費の考え方 日常生活では、子供の頃の教育が非常に重要ですが、周りのかかわりのある大人からしか現実的な影響が受けられません。大人が勉強をしてこなかったのに、それを見る子供が勉強を好きになるはずもありません。大人が浪費をして蓄財の方法を理解していないのに、子供に経済的な関心を持てと言っても無理があります。義務教育でも形だけの教育で、良い例が長い年月英語の教育を受けても簡単な会話さえできないという教育です。他の学習でも一事が万事ということになります。そうなると自宅でも学校でも真の教材に触れられないので、あとは本人の資質や運だけになります。それは宝くじを当てるような現実です。そうなると親の階層から出られず、相当な努力を早いうちからしなければ、レベルアップできる生活は難しくなります。そうなると就職先も結婚相手も同じ階層になります。

出会えないからですし、別な階層の生活を理解できないからで、それでは夫婦になっても理解が難しくなります。昔から生活レベルの近い結婚が奨励されてきたのも、それらの意味もあるからでしょう。物語としてはシンデレラの物語などを楽しめますが、実際は結婚をしても、それぞれの生活での蓄積された知恵や習慣、知識などで非常に苦労することになります。それらを克服するためには、やはり子供の時代からの教育が重要になります。それも無理やりではなく、子供が自分から希望するように持って行くことが必要です。