日常生活の費用と教育費の考え方

日本の経済的な状況は高齢化社会で長寿社会ということや少子化ということで税金を支払う人たちが少なくなるということもあり、国の援助や福祉は期待できません。

日常生活と経済面での対策

日常生活の費用と教育費の考え方 日本の経済的な状況は高齢化社会で長寿社会ということや少子化ということで税金を支払う人たちが少なくなるということもあり、国の援助や福祉は期待できません。生活保護も高齢者を中心に、これから非常に増えていく可能性もあり、それをやめることもできない状況なので、福祉関係の他の費用とともに減らせないという非常に難しい状況に日本はきています。そうなると将来は当然ながら厳しい対応に迫られます。税金が増え福祉が減らされていくことになります。民主国家ですので国民が嫌がる政策はとれません。国民の負担になる政策だと選挙で負けます。それがわかっていながらも、劇的な政策はできないので、結局はギリシャのような状況まで追い詰められて、最終的には劇薬で大手術をして治療するということになる可能性が高くなります。

そして、その事は日常生活に切実に影響をしてきます。そこで重要になるのが個々の国民の防衛対策です。貯蓄でそのための準備のたくわえをするという方法は基本ですが、あまりにも金利が低すぎて、管理してもらうだけになります。そうすると他の方法を考えなければなりません。その基本はお金の教育です。ぐむ教育の段階から、経済面で資質がある子供たちにお金に稼ぎ方や増やし方を教育すると、才能のある子供たちの分は自分で稼ぐことができるようになります。お金や投資の教育をしていくのが今は非常に重要です。

関連サイト