日常生活の費用と教育費の考え方

日本でも高度経済成長の時代には、誰もが経済的に裕福になれるということでエコノミックアニマルと言われるほどに頑張っていました。

日常生活と経済的な考え方や知恵の必要性

日常生活の費用と教育費の考え方 日本でも高度経済成長の時代には、誰もが経済的に裕福になれるということでエコノミックアニマルと言われるほどに頑張っていました。そして、それが当たり前だと考えていて、その状態が永遠に続くのだと無意識的に考えていました。しかし、バブルが崩壊したころから、長い下り坂の時代を迎えています。時々は上向きにもなりましたが、結局はトレンドが下り坂のような状態です。そして少子高齢化や経済のグローバル化などで、一国の政策では対処できない時代にもなっています。自分の国だけ裕福になれる時代は終わっています。そのために、国民も各自で経済面の対処をしておかなければならないということですが、その場合には節約ということと収入を増やすということを中心に対策が必要になります。

とくに、経済的にゆとりがない状態の階層の人たちは、それをゆとりがある階層の人たち以上に真剣に対処しなければならないということになります。資産運用をしたくても生活がぎりぎりではそれができません。資質はあってもできなければ、増やしようがないということになります。そうなるとますますじり貧になっていくのが人間社会の傾向です。ですので、自分たちの経済的な面での防衛策を常に考えて実践する必要があります。

関連サイト