日常生活の費用と教育費の考え方

最近は日本の社会でも離婚する人たちが増えているということで、忍耐して夫婦生活を続けるよりも離婚をして自由に生きたほうがより良い人生が送れるという考え方が増えているというこ

日常生活の費用と教育費の考え方

日常生活の費用と教育費の考え方 最近は日本の社会でも離婚する人たちが増えているということで、忍耐して夫婦生活を続けるよりも離婚をして自由に生きたほうがより良い人生が送れるという考え方が増えているということになります。しかし、その一方で、シングルマザーの貧困化が社会問題にもなっているということでした。そのことも貧困層が増えている原因ですが、女性の場合には、男性が経済的な役割を担っているので、離婚をするとその経済的な部分が切れてしまいますから、自分で経済的な部分を補う必要があります。そして、自分ひとりではどうにでもなりますが、子供がいると子供は働けませんので母子家庭ということで生きていくしかありません。そうなると貧しくなるのも当然です。

そして、子供の教育費の金額も大学までには公立を利用する場合でも800万円ぐらい必要で、私立だと2000万円ぐらいかかる場合もあるということですが、それが複数の人数になると、どう考えてもシングルマザーでは無理があります。そうすると才能はあっても満足な教育ができないということになり、その子供たちも貧困層に留まる可能性が高くなります。そうならないためには、将来のことを十分考えて、教育なり結婚なりをしていく必要があります。ケースバイケースということですが、各個人の選択を経済的な面から考えることは非常に重要になっています。

関連サイト